寺島会計事務所|三島市、沼津市、裾野市、長泉町、清水町、御殿場市、横浜・東京地区での公認会計士・税理士業務や経営戦略策定支援をいたします。

寺島会計事務所の電話番号

皆様の会社の売上高経常利益率はどのくらいでしょうか?京セラ創業者の稲森さんは「売上高経常利益率は10%なければ経営者として失格」と説いています。ちなみに売上高経常利益率は、売上の何%を経常利益として残せたかの比率で、「粗利率×経営安全率」に分解されます。経営安全率とは粗利に対する経常利益の割合です。こう考えてみると、一概に売上高経常利益率10%でなくとも、業種によって目安は違っても良いんだと思います。経営の安定を考えた場合、「経営安全率」は20%程度が理想です。ですので、粗利50%の製造業では「50%×20%=10%」の売上高経常利益率があると望ましいですし、粗利15%の卸売業では「15%×20%=3%」の売上高経常利益率があると望ましいのかなと思います。

 

なお、経営安定率20%というのは、裏を返せば「損益分岐点比率」80%ということと同じです。自社の損益分岐点売上高・粗利率を正確に把握し、20%の余裕を持った経営が出来てくると理想的と言えるでしょう。